教育 部活について

部活を経験することは大切です

中学生になると教育の一つとして部活動が始まります。
昔は、そこに参加して活動をする事で、自分の興味のある分野を体験して、伸ばす事が出来るという事で、ほとんどの子供が参加していました。
しかし最近は、小さい頃から様々な習い事をする子供が増えてきています。
習い事は、その道のプロが教えるわけですから、専門的に教えてもらう事が出来ます。
そうなるとプロの先生の所に行って好きな事をした方が良いと考える方が多くなってきています。
習い事は、基本、自分を中心にして、活動をする事が出来ます、だからこそ、効率よく学べ、技術も高くなります。
しかし部活は違います。
個人ではなく、集団で頑張って成果を出して行かなければなりません。
そこには、1つしか年齢が違わなくても先輩や後輩がいます。
後輩は、どんなに技術が優れていてもまずは、先輩が効率よく練習できるように気配りをしすることを覚えなければなりません。
他の学校に試合などで行ったら、挨拶などどうしたら良いか覚えなければなりません。
ただ強くなれば良いのではなく、集団の中で自分はどのように行動をしなければならないか、考え行動していかなければなりません。
部活は、そうゆうことを頭ではなく身体で覚えていく事が出来る教育の場なんです。
ぜひ中学に入学したら参加することをおすすめします。

Copyright© 教育 部活 All Rights Reserved.